お墓 あれこれ

お墓について知っておく

そのお墓、誰が守っていきますか?

お墓は、「先祖代々の墓」と彫刻されているのを見てもわかる通り、親から子へ、子から孫へといったように、永年にわたり受け継がれていくことを前提としています。

新たにお墓を立てる際に必要な「永代使用料」の全国平均が約60万円と、高額になるのも、永年にわたり使用し続ける権利であることからです。

お墓が、代々受け継いでいくものであるということは、どの時代にも、そのお墓を守る者がいる。ということになります。お墓を守るとは、お墓の前で手を合わせ、ご先祖様を大切に想うこと、供養すること。供花を生け、線香をあげ、お墓を綺麗に保ち、といったことも、お墓を守る事に含まれるでしょう。

しかしながら、今、お墓を守っていくことが、難しい時代になりました。

 

兄弟・親戚が何人もいた昔は、皆で協力し合って、お墓を守っていくことができましたが、少子化の今、受け継ぐ側の負担は少なくありません。受け継ぐ者がいない場合もあります。

永代使用料と同じような言葉で永代供養料」というのを耳にされることがあるかと思います。似た言葉ですが、意味は全く違い、別物です。

永代供養とは、お墓を守っていけなくなった、供養していけなくなった際に、お寺がその代わりとして永年に供養し、お墓を守っていくことを指します。

永代供養料」を払っておけば、守る者が途絶えて、無縁になったとしても、永年に渡りお寺がお墓を守り先祖を供養し続けてくれるわけです。

そんな状況のなか、今は、お墓を立てる際に、永代使用料永代供養もセットになっていることも多く、言葉も似ていることから混同している人もいるのではないでしょうか?

また、最近では墓じまいの件数も増えてきています。

墓じまいとは、今あるお墓を撤去し、遺骨を合祀供養墓納骨堂などの施設に移転・改装することをいいます。

この墓じまいが増えてきているのも、やはり、現代社会が抱える少子高齢化などの諸問題が理由です。

ご負担少なく個別墓の樹木葬

移転先の心配なし

​墓石のことなら