お骨 について

お骨はどこに?

お骨とは何かを知ることで、わかる。

まず最初に、お骨は、が入っているわけではありませんし、故人そのものでも、仏様でもありません。

お骨は、残された人が見ることのできる「故人の最後のお姿」であります。

ですので、粗末にすることはできませんから、骨壺に入れ、大切にします。

葬儀の後、お骨は、「中陰壇」(白い布で覆った台)に置きます。なぜ、お仏壇に置かないのか?お仏壇仏様を安置するための壇だからです。お骨仏様ではないので、お仏壇ではなく「中陰壇」に置きます。

「中陰」とは、故人のが、現世におらず、来世も決まっていない期間のことを言い、この期間の最後四十九日に来世が決まるとされています。この日に故人のは来世へと旅立つことから、一つの区切りとして、四十九日に、お骨お墓などに納骨します。また、お骨は、故人と残された者の「つながり」の一つでもあるため、故人のが旅立つ日を機に、その「つながり」を納めることで、故人を、故人ではなく、仏様として想うことで、悲しみや寂しさを乗り越えるという意味合いもあり、四十九日の納骨が一般的です。

故人のが、仏様となるわけで、お骨は、故人そのものでも、仏様でもありませんから、お墓の前で手を合わせるのは何に対してかというと、お骨という「つながり」を介して、仏様に手お合わせていることになります。

故人との「つながり」の一つとして、大切に扱われるべく、お骨は、粗末に扱わず、お墓納骨堂といった施設に、大切に納められます。

また、法律上でも、ルールがあります。

墓地埋葬に関する条例で、霊園や納骨堂として定められている以外の場所での埋葬・納骨はは禁止されていますが、焼骨を自宅で保管する行為は、これに違反するものではないという見解も示されています。

近年、散骨といった埋葬の形も出てきていますが、散骨に関しても諸条件を満たす場合において、法律に触れないとの見解が国から出ています。

近年、お骨に関しての諸問題が取り上げられるようになりました。言葉は悪いですが、遺骨の処分に困り、トイレに流して逮捕される、などというケースもあるようです。

お骨は、残された人が見ることのできる「故人の最後のお姿」であり、そして、残された者と仏様(故人)の「つながり」の一つです。

故人を想う気持ち、先祖を大切にする気持ちを心に、お骨も大切にしていただきたいです。

ご負担少なく個別墓の樹木葬

​ずっと安心の手厚い供養